大麦醗酵酵素 セロトアルファ セロトニン うつ 

セロトアルファは、日本の伝統技術の醗酵の過程から生まれました。

セロトアルファは、日本の歴史ある酒造りの伝統技術から、醗酵の過程における状態変化に着目しました。

 

 

大麦を麹で醗酵させた後の生産物から人体に有益とされる「生理活性作用物質」が発見されたことが始まりです。

 

 

生理活性作用物質と言っても聞きなれないかもしれませんが、人の心の動きに大きく関わるとされているのです。

 

 

この大麦を麹で醗酵させたものがセロトアルファの主成分となっている「大麦醗酵酵素」です。

 

 

ストレスなどによる心の問題は、身体に様々な影響を及ぼし、現代において無視できない社会問題となっています。そして、僅かなきっかけで誰にも起こりうるとても身近な問題でもあるのです。

 

 

長年の研究の結果、この大麦醗酵酵素の製品化に成功し、多くの方々のモニター調査を経て、やっと皆様に「生きる力をサポートする、全く新しいサプリメント」として、提供出来ることとなりました。

 

 


セロトアルファの主成分は大麦醗酵酵素?

セロトアルファの主成分は今注目を集めている大麦醗酵酵素です。この大麦醗酵酵素はメンタルケアにはとても重要なのです。

 

 

心の病・心の問題は、ドーパミンやセロトニン・ノルアドレナリンといった「神経伝達物質」が関係するということで、おおよそ脳の中の物質の現象として説明されています。

 

 

この「神経伝達物質」が、脳の神経と神経との間をスムーズに伝達されればよいのですが、この伝達が十分に機能しない(過剰又は不足)場合、様々な問題が生じることになります。

 

 

 

心の問題はセロトニン不足

 

・セロトニンの役割

 

万能の調整役としてのセロトニン。オーケストラでいえば指揮者。 限定された特別な役割を担っているのでなく、脳全体の一つの状態を作っていると考えられる。「うつ」はセロトニン神経の活動が弱ってセロトニンが不足するために起こる。

 

 

 

・アドレナリン、ノルアドレナリンの役割

 

意欲と生きるために必須の神経伝達物質。脳はもとより、全身の活動源であり、「元気の素」。両者は絶えず混ざって分泌される。

 

 

 

・ドーパミンの役割

 

中枢神経系に存在する神経伝達物質で、ノルアドレナリン・アドレナリンの前駆体。

 

 

 

今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】