セロトニン 役割 神経伝達物質 うつ

セロトニンとは、その役割は?

セロトニンの役割としては、簡単にいえば、「神経伝達物質」でセロトニンは脳内に必ず存在する物質です。セロトニンは万能の調整役であり、オーケストラでいえば指揮者的存在。

 

 

 

限定された特別な役割を担っているのでなく、脳全体の一つの状態を作っていると考えられる。「うつ」はセロトニン神経の活動が弱ってセロトニンが不足するために起こる。

 

 

 

眠って居る時はほとんど出ないセロトニン、起きている間は絶えず一定のリズムで一定の量を脳全体に(指令を)送り続けている心と体を整える大切な働きの一つです。

 

 

 

神経伝達物質って言うとドーパミン・ノルアドレナリンなどが有名だけどセロトニンも同じ仲間に属します。

 

 

 

セロトニンの数はというと、神経細胞は脳全体で約150億個ある中、セロトニン神経は数万個、セロトニン神経は数自体少ないけど脳全体に指令を送っているという事になる。

 

 

 

神経伝達物質であるドーパミン(喜び・快楽)やノルアドレナリン(恐れ・驚き)等の情報をコントロールして精神を安定させる作用がある。

 

 

 

セロトニン神経が正常に働かなかったとしたら心と体のバランスが崩れてしまうことになる。セロトニンは私たちのからだにとってとても大切なものなのです。

 

 

 

そんなセロトニンが不足すると・・・、気分が不安定だったり、寝つき・寝起きが悪くなったり、何かが気になりそればっかりになったりといったバランスが崩れた状況になる。

 

 

逆にセロトニンがいっぱいだと・・・、セロトニンによって脳が活性化してスッキリの状態が持続するため、前向きな気分になれて気持ちも落ち着いて過ごせる。

 

 

 

 

今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】