女性 体 病気 悩み ストレス 解消 原因

女性の思春期・成熟期・更年期・高齢期の違い!

女性は思春期に子宮が発達し、卵巣ががホルモンの分泌を始めます。皮下脂肪がついて女の子らしい、丸っこい体つきになってきます。そして迎える初めての月経は、性的に成熟した女性の証です。

 

 

また18歳ごろから40代初めごろまでを成熟期といい、女性が性的に最も成熟する時期です。女性ホルモンのエストロゲン分泌のピークは20歳くらい、また成熟期全般を通してホルモンのバランスは安定しています。妊娠・出産に最も適した時期です。

 

 

更年期とは、閉経前後の数年の45、46〜55、56歳と考えていいでしょう。閉経が近づくと、卵巣が早々とサボタージュを始め、ホルモンの分泌が乱れ始めます。更年期の時期や閉経に向かう月経の周期は、人によって差があり、早く閉経がくる人もいれば、60歳近くまで月経がある人もいます。

 

 

更年期を過ぎて、高齢期に入ると、卵巣は働きをやめ、女性ホルモンの分泌されなくなり、心臓や肺、呼吸器などの機能が低下してきます。年を重ねれば、確かに体は老化していきます。老化のスピードには個人差があり、高齢になればなるほどその差は広がります。

 

 

このように女性は思春期から高齢期までの間に、さまざまな体の悩みや病気に遭遇してしまったり、仕事や人間関係からのストレスによっても、多くの悩みを抱えている人がたくさんいます。そんな方に多少なりとも悩みが解消できるように情報を提供していきます。

 

 

スポンサーリンク