貧血 鉄欠乏性貧血 失血性貧血 原因 鉄分 症状

貧血は、ほとんどが鉄欠乏性貧血?

貧血とは赤血球の成分であるヘモグロビン(血色素)が少ない状態のことで、これにはいくつかの種類があります。体内の鉄分が不足して起きる鉄欠乏性貧血骨髄の造血幹細胞の働きが衰えて正常な血液がつくれなくなってしまう再生不良性貧血、交通事故などで大量に出血して起こる失血性貧血などがよくしられています。

 

 

そのほかに、高齢者や胃を切除した人にみられ、ビタミンB12や葉酸が欠乏して起こる悪性貧血、赤血球が破壊されて起こる溶血性貧血があります。その中でも女性の貧血の大部分を占めるのが、ヘモグロビンの材料となる鉄が不足して起きる鉄欠乏性貧血です。

 

 

ヘモグロビンはヘムという色素とタンパク質からつくられていますが、そのヘムの材料となるのが、鉄とポルフィリンという色素です。この鉄が不足するとヘモグロビンができにくくなり、赤血球の産生も追いつかなくなってしまいます。

 

 

 

 

赤血球は体のすみずみまで酸素を運び、かわりに不要になった炭酸ガスを肺に持ち帰る重要な役目をしています。そのため、貧血になると赤血球が少なくなり、体が酸素不足を起こしてさまざまな症状があらわれます。

 

 

代表的な症状は、疲れやすい、体がだるい、重い、駅の階段を上がるときなどに動悸や息切れなどがする、めまいや立ちくらみがする、頭が重い、まぶたの裏が白い、顔色が悪く土色っぽくなる、スプーンネイルといってつめの真ん中がへこんでスプーンのようになる、あるいはつめが薄くなって割れやすくなる、などです。

 

 

ただし、鉄欠乏性貧血は徐々に進むので、これらの症状があっても本人は慣れてしまってなかなか気付かないものです。健診や人間ドックを受けて初めて発見されることが多く、発見が遅れがちです。


貧血とは記事一覧

ダイエットや偏食が原因

女性は毎月月経によって鉄分が失われるので、そもそも貧血になりやすいものです。中学生や高校生ころの体が急激に成長する時期には、鉄分の供給が追いつかなくて思春期貧血と呼ばれる貧血がよくみられます。また、妊娠、出産、授乳などによっても鉄分が失われます。それに加えて、最近の若い女性に多いのは、ダイエットや食...

≫続きを読む

病気によるものかチェック

貧血は徐々に進むので、その状態に慣れてしまって放置しがちです。しかし、ほうっておくと、酸素を供給するために心臓がフルに働かなければならず、心臓に負担がかかってしまいます。そうならないためにも、貧血は早めに治療しておきましょう。健診や人間ドックで貧血が見つかった人は、内科や婦人科を受診して、まず原因を...

≫続きを読む

脳貧血と貧血の違い

「脳貧血」は「貧血」の一種だと思っている人は多いようです。しかし、この2つは全く別のものです。たとえば、出勤途中の電車の中でめまいがして倒れたり、朝礼で倒れたりするのは脳貧血です。貧血という名前がつくので誤解されやすいのですが、これは正式には「起立性低血圧」と呼ばれるもので、自律神経のみだれや低血圧...

≫続きを読む